JTB drupa (ドルッパ) 2020 ビジネスサポートデスク
(第17回 国際印刷・メディア産業展)
2020. 6.16(Tue.)〜6.26(Fri.)


企画協力 : 株式会社 日本印刷新聞社
旅行企画・実施 : 株式会社JTB
後援 : 株式会社メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン
      


2020.3.16更新



       
 JTB drupa 2020 (ドルッパ)
        ビジネスサポート業務内容

 
 
※ツアー催行中止のお知らせ※
    現在世界的に流行をしておりますCOVID-19の欧州での感染拡大の影響を受けまして、

drupa2020の開催延期(2021年4月予定)が主催者であるメッセ・デュッセルドルフから発表されました。
drupa 公式サイトよりの発表

つきましては、弊社主催のdrupa2020視察ツアーに関しましても、全てのツアーの催行を中止とさせていただきます。
※既にお申込金を入金いただいておりますお客様へのご返金に関しましては、
別途事務局よりご案内をさせていただきます。

なお、2021年開催に伴うツアー実施等につきましては、
改めてご案内をさせていただきます。

何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。





 drupa 2020 視察ツアー参加のお勧め


50の国・地域から約1700社が出展する世界最大規模の国際印刷・メディア産業展「drupa 2020-no.1 forprint and technologies」が、2020年6月16日から26日までの11日間、ドイツ・デュッセルドルフ市の見本市全会場(ホール1〜17)を使って開かれます。

drupa 2020では、前回焦点となったプリント4.0の応用だけでなく、@人工知能Aコネクテッドカスタマー(つながる消費者)Bプラットフォームエコノミー(産業分野におけるモノのインターネット=IIoT)C循環型経済という今後のメガトレンドの先駆的な技術が体験できます。新規出展社が30%を占めることも注目されます。

今回のツアーでは新機軸として宮本泰夫氏(潟oリューマシンインターナショナル)によるブースツアーを実施し、トレンド・主要出展内容を解説していただきます。経営者の方はもとより、将来を担う管理者・若手社員など幅広い層に参加をお勧めします。

株式会社 日本印刷新聞社




 ツアーのポイント



1.各コースホテルが "バツグン"のロケーション!会場アクセスが"ラクチン"!
 
◆ニッコーデュッセルドルフ ※日本人ホテルスタッフ常駐の安心感
 アクセス:ホテル直ぐの 駅から電車で一本で会場へ到着!
 Aコース・Bコース・Dコース=ホテル ニッコー デュッセルドルフ

◆マリティム ホテル デュッセルドルフ ※デュッセルドルフ国際空港直結
 アクセス:空港〜会場間を運行のシャトルバスで約15分会場へ到着!
 Cコース=マリティム ホテル デュッセルドルフ

2.drupa2020取材レポートを参加者全員へ配布!

3. 安心のJTBツアーデスク(ニッコーホテル内)!
 レストランの予約から、病気やケガなどのトラブルまで、迅速に対応!




 具体的なサポート内容

   
1.drupa 2020出展者の出展準備に関わるホテルの確保
出展に際して出展準備をされる現地滞在スタッフの長期にわたるホテルの手配をさせていただきます。

2.団体でのdrupa 2020視察旅行の計画
会社としてお客様の招待旅行や社員を対象とした報奨旅行など、過去の豊富な実績に基づき、万全なサポート体制で、高付加価値で満足度の高いご旅行をご提案させていただきます。

3.日本印刷新聞社主催drupa 2020視察ツアー(一般募集)の案内
2016年に引き続き、日本印刷新聞社とのタイアップによる視察旅行を実施します。
印刷新聞社の記者が同行し、現地取材レポートもご用意させていただきます。

4.個人、グループでのdrupa 2020ご視察のご相談
豊富なホテル、航空券の在庫を利用して、通常考えられない個人やグループでのご視察のご相談も承ります。

5.航空機、ホテル、通訳、ガイドなどのお手配の相談
「飛行機がとれない。」「通訳を手配して欲しい。」とにかく困ったことがあれば、何でもご相談下さい。



drupa 2020 視察ツアー募集開始致しました!
 A-コース
 
 B-コース
 
 C-コース
 
 D-コース
 
   


本ツアーは毎回100名様以上の参加があり非常に混み合います。
業界団体、地域、企業単位での特別アレンジをご希望の場合も、ご相談に応じます。
お申し込みのコースが定員を超えている場合、もしくは最少催行人員に満たない場合には、参加可能なコースへの変更をご案内いたします。



 4大トレンド@drupa2020
  
■ 1.人工知能(AI)
従来よりもはるかに多くのパラメーターとデータが分析に流れ込むため、コントロールタスク、生産計画、資材使用、物流を最大限に効率化できる。
さまざまなAIアプリケーションが業界の効率性を高める契機となる。

■ 2.コネクテッドカスタマー(つながる消費者)
デジタル化は印刷工程プロセスだけでなく、顧客とその期待も変化させている。
コネクテッドカスタマーのトレンドを絶好の機会ととらえていけば、インターフェイスプロバイダーとしての重要な役割を担うチャンスとなる。

■ 3.プラットフォームエコノミー
産業分野におけるモノのインターネット(IIoT)モノのインターネットは、コネクテッドカスタマーだけでは終わらない。
機器メーカー、サプライヤー、パートナー、さらに機械自体が包括的なデジタルネットワークの一部になりつつある。
プラットフォームエコノミーは、小売業、メディアおよび銀行部門では著しく進歩している。
製造業では初期段階にあるが、IIoTはプリント4.0への変換を加速させる。

■ 4.循環型経済
顧客は持続可能で環境に優しい製品を求めている。包装デザイナー、ブランドオーナー、印刷機メーカー、リサイクル専門家、包装資材・インキメーカー間のデジタルコラボレーションの機会が活用されるべきである。
リサイクルの枠を超えるこの現象はアップサイクルと呼ばれる。循環性を重視しつつ、適切な包装と製品とを適合させる、持続可能な解決策が期待される。





 見どころツアーご案内



ツアー前半に、外部講師による見どころツアーを開催し、講師と会場を巡りながら、drupa2020のトレンド、主要出展内容などを解説いたします。

講 師 :
株式会社バリューマシーンインターナショナル 宮本泰夫
*デジタル印刷を中心とした独立系コンサルタント。
drupaには20年以上関わり、1995年、2000年の2回は出展社(Indigo NVブース)として、その後は調査、取材、会場ツアー、出展サポートを中心として毎回訪問している。
過去からの流れをベースとして、近年の印刷技術の変遷、デジタル化の潮流から、自動化・省力化、IT/AIなどの最新技術までをブースツアーを通じて幅広く解説します。
また、ご参加の皆様に見どころご案内書&会場マップ(日本語版)を配布いたします。

講師プロフィール


宮本泰夫
株式会社バリューマシーンインターナショナル取締役副社長
1993年より東洋インキにてデジタル印刷機の技術、アプリケーション開発に携わる。
2003年にバリューマシーンを設立し現職。独立系コンサルタントとして、デジタル印刷を中心とした印刷の基礎技術から、デジタルワークフローやWeb-to-Printなどビジネス技術面でのコンサルティング、企画・セールス・マーケティング面でのビジネス開発コンサルティングを多数手掛ける。

クロスメディアソリューション研究会 運営理事
全日本印刷工業組合連合会 印刷営業講座 専任講師
日本印刷技術協会(JAGAT) 客員研究員
日本グラフィックサービス懇話会 顧問
情報工学修士



 drupa 2020の概要
名  称 :
 
drupa 2020 embrace the future
国際印刷・メディア産業展
会  期 :
2020年6月16日(火)〜6月26日(金) 11日間
会  場 :
ドイツ デュッセルドルフ
Messe Duesseldorf
開催周期 :
4年に1回
主  催 :
メッセ・デュッセルドルフGmbH
後  援 :
ドイツ機械工業連盟(VDMA)印刷・製紙技術工業会
ドイツ印刷・メディア工業会(bvdm)
ドイツフレキソ印刷工業会(DFTA)
ドイツ印刷塗料・インキ工業会(VdL)
ドイツ紙加工工業連合(WPV)
規  模 :
出展社数:1,837社(2016年)
出展面積:158,237u(2016年)
来場者数:260,165人(2016年)
出展内容:
@プリプレス、印刷
Aプリメディア、マルチチャネル
Bポストプレス、加工、包装
C未来技術
D素材
E関連機械・機器、サービス、インフラ
 
日本国内の照会先
(株) メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン
TEL 03-5210-9951 FAX 03-5210-9959 
日本語公式サイト http://drupa.messe-dus.co.jp/
E-mail  mdj@messe-dus.co.jp
drupa 公式サイト





※掲載の写真はイメージです。


 
◆ 企画に関するお問い合せ先 ◆
  
株式会社 日本印刷新聞社

〒104-0041 東京都中央区新富1-16-8 日本印刷会館6階
TEL:03(3553)5681 FAX:03(3553)5684

〒541-0041 大阪市中央区北浜3-5-19-605
TEL:06(6222)0634 FAX:06(6222)0635

E-mail : drupa@nichiin.co.jp
URL: http://nichiin.co.jp




◆ お問い合わせ・資料請求先 ◆

株式会社 JTB 
新宿第二事業部
〒163-0426 東京都新宿区西新宿2-1-1
         新宿三井ビルディング26階
JTB drupa ビジネスサポートデスク係
担 当 : 秋山・佐伯・高月



総合旅行業務取扱管理者軽部 大紀

旅行企画 ・ 実施

株式会社 JTB
観光庁長官登録旅行業第64号
東京都品川区東品川2-3-11
一般社団法人日本旅行業協会正会員
旅行業公正取引協議会会員

総合旅行業務取扱管理者とは、お客様の旅行を取扱う営業所での取引の責任者です。
この旅行の契約に関し、担当者からの説明にご不明な点がありましたら、ご遠慮なく上記の旅行業務取扱管理者にご質問ください。
TEL:03-5909-8091
FAX:03-5909-8110

営業時間 月〜金 9:30〜17:30 (土、日、祭日休み)
※ 詳しい旅行条件を記載した書面をお渡し致しますので、事前にご確認の上お申込下さい。



  
過去の drupe 実績視察ツアー

drupa (ドルッパ)2016視察ツアー

drupa (ドルッパ)2012視察ツアー  drupa (ドルッパ)2008視察ツアー

drupa (ドルッパ)2004視察ツアー